レンズごしにセンチメンタル

〜疾風怒涛の新社壊人編〜
非日常側に入り込んだフィギュアオタエンジニアによる世界の歪みを正して行くレポート

参加予定
神聖マタンゴ帝国 
WF2018S & C94 復帰予定
Twilog行動履歴 follow me on Twitter
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
  • 久寿川ささらガレージキット原型 完成
    リブロ (03/18)
  • 久寿川ささらガレージキット原型 完成
    猫かつお (03/14)
  • 最後の玩具(ラストピース)伝説【RED新連載レビュー】
    リブロ (10/24)
  • “日本男児の生き様は色無し恋無し情有り”という名セリフを知らないのかよ
    リブロ (10/24)
  • 最後の玩具(ラストピース)伝説【RED新連載レビュー】
    ponkan (10/23)
  • “日本男児の生き様は色無し恋無し情有り”という名セリフを知らないのかよ
    Taku (10/04)
  • 厨二アニヲタの先に、真道があると信じて!
    リブロ (07/04)
  • 厨二アニヲタの先に、真道があると信じて!
    うぉん (07/04)
  • 遅れに遅れた新年のあいさつ
    リブロ (01/10)
  • 遅れに遅れた新年のあいさつ
    runy (01/08)
RECOMMEND
惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)
惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス) (JUGEMレビュー »)
水上 悟志
「ぼくは自信家だ 自信家は自らに限界を設けない」 「天才とは無限の肯定!」 さらっとカッコいいことを言う為の引き出しが増える
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
家業の手伝いなら小中学生の娘が働いててもおかしくはないな?
・脱モラトリアム機構構想
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
未成年に対して十分な資格があると周囲の大人から判断されれば、
10人前後の推薦を受けて認定機関に申請する。
そのために未成年は大人になるために思慮、分別を持つよう努力が促される。
またその新成人が不祥事を起こした時、推薦した大人も何かしらの罰を受ける。
このシステムならば大人も子供に十分な道徳教育を施すことなるし
身勝手な行動は自重するようになるのではないだろうか?

新成人メリットとしては
酒やタバコ、ギャンブルや婚姻など責任を伴う行為をより早く可能となり
望めば飛び級や就労への考慮に有利に作用する。
トータルで見れば若者の社会への進出がより早くなり、総勤労年数も増える。
若いうちからしっかりした人材が増え、国際競争力も再び向上することだろう。

現在の中学生は特別な事情が無い限りバイトしちゃいけないことになっているが
本人が望めばすればいいだけのこと。
(どうせ時間は余ってポケモンでもしてるのだろう?)
やる気のある若い労働力はまだまだ眠っているのだから
やりたい人間にはやらせれば良いのだ。
小学生でも4年生まで進めばレジ打ちだってできる
親は信頼できるバイト先を教えるか仕事を与えて
子供にお金を稼ぐことを教えればよい。
(朝から日没まで働いて日給615円の肉体労働を小三のときしたのは良い経験だった)
欲しいものがあるならねだるな!勝ち取れ!
もしくは働け!働いて買った瞬間はうれしいぞ? と教えこめば良いのではないだろうか?

親は子供に対して
「家にいて飯を食ってごろごろしてるだけのニートに金をやる義務はない!」という態度でいいだろう。
親は雇い主、子は研修中の住み込み社員のような関係という視点も持つべきではなかろうか?。
親に反抗するならば甘やかさず、自立心を育てるためにも
「嫌ならうちから出ていけ!自分ひとりで食っていけ!」と言うのもひとつの手である。

社会実習経験は早ければ早いほうが良い。
その中で今後必要なことがわかるはずだし、勉学にも力が入ることもあろう。
児童福祉の名の下に
この甘やかしている過保護社会から脱却するにはこの手はかなり有力だと考える。

しかし昔の児童労働と違うようにするためには
大人は一切仕事を強要してはならないことが最重要事項だろう。
そうでもしなければアグネスたちが目を光らせることになる。
ともかく、子供に教育を受けさせ義務のひとつとして
実習教育としてのスタンスを忘れてはならないだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

と、普通の論説のようにしておくが
すべての本題は以下のものである。



若くてしっかりとした娘を増やしたいのだ。
14でも立派に思慮分別のある幼妻がいても良いではないか。
ってか昔はそうだったろう!!!キーッ!
ナージャは来年から13です!働けます!って言ってたじゃないか!

で、休日限定で小中学生を臨時バイトとして雇えば
リアル委員長による眼鏡喫茶委員長の可能性が浮かんできたのだ!

眼鏡喫茶委員長の更なる理想の追求として、ラブやんの原作を越えるクオリティを考えるならば
やはりリアル委員長の雇用方法である。
今までは若い女性劇団員に演技の一環として依頼しようと思っていたが
やはり現役のリアル委員長のいる店には適うまい。

そこで、先ほどの社会研修早期化の理屈をこねれば
オタク産業の更なる発展が見込める。

リアリティを越える幻想を提供するには
見込みのあるリアルを斡旋すればいいだろう。

だ か ら
小中学生が給仕してくれる店があればよくね?
どうせめんどくさいこといわれるのならば
家業の手伝いってことにすればいいので
家業のひとつにすればいい、つまり
家業のひとつとして飲食店をはじめてしまえばよいということを。
やべー、俺天才じゃね?


あ、
うちの娘が実在しなければその手は通用しないのだった。
つまり俺にも結婚して娘をこさえろと?、、、それは無理っぽいなーorz

とらたぬ算をするならば
独立を45にするとして
娘に家業として手伝ってもらうとする。
独立時にいる10歳〜13歳の娘がいるようにするならば
俺の野望スケジュールから逆算すると、
俺は32〜35でケコーンしろということになるんだが?

最速ならあと6年で結婚?
,,,,,,,,,,,,,,,,,ムリダナ(・×・)
だってあと6年で次元連結システムは完成しないだろう。
コメント
コメントする